宮崎萬純(ますみ)の病気:乳がんが現在の職業に繋がっていた!!あそこが剛毛疑惑について…

スポンサーリンク
この記事は約11分で読めます。

今回は、今でも美しさを維持しておられる 宮崎萬純(ますみ)さんの病気と現在についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

病気を患っている!! 乳がんってどのステージだったの? 今現在は?

宮崎ますみは手術とホルモン治療でがんを乗り越えました。

2006年には公共広告機構のテレビCM「宮崎ますみ、乳がんを語る」に出演。自らの体験を語りました。

宮崎は2005年に10年ぶりに映画復帰した直後、乳がん発症…

何気なく触った右胸の大きなシコリに違和感を覚えた。

検査の結果は「悪性の乳がん」

発見された腫瘍は1.5センチ

なんと非常に大きな悪性腫瘍が見つかってしまいます。

宮崎ますみの「ヒプノセラピー入門」

仕事への復帰をくじかれる形となります。。。

2年ほど前にすでにしこりを見つけており、その間、2回、帰国の際に検査を受けていたが、 いずれもエコー検査のみで「悪性ではないでしょう」と言われていた。

2005年、映画の撮影が終わったころ、しこりが大きくなっていることに気付き、そのときに初めてマンモグラフィ検査を受けることになった。

「マンモグラフィとエコー検査の結果、『写っている影は、たぶん悪性ではないでしょう』
という診断だったのですが、それを聞いて安心した私が、そそくさと帰ろうとしたとき、先生のほうから『念のために細胞診もやっておきましょうか?』と言っていただいて、『じゃあ、100パーセント安心したいからお願いします』と頼んだ結果がクラス(悪性度)5だったわけです」

すぐに手術が行われた

3日後には痛みが消え、自宅療養に切り替わった

がんの再発を防止するために受けた治療

宮崎にありとあらゆる副作用が出てしまった

放射線を照射することで主にガン細胞を死滅させる放射線治療

この治療で肌の弱い宮崎は著しく爛れた

皮膚の色が赤みを通り越して黒く変色

クラス5の悪性度…

もしも手遅れになっていたらと思うと怖いですね。

手術、放射線治療へと順調に進みますが、地獄を味わいます。

ホルモン療法の副作用は激しい倦怠感

女性ホルモンが薬物で一気に低下し、強い更年期障害のような症状が現れ始めた

さらに掻痒地獄が襲う

女性ホルモンの低下で潤いを無くした肌はガサガサ

四六時中かきむしってもおさまらず、全身傷だらけに

そして…倦怠感や環境の変化が引き起こしたうつ症状

やがて宮崎は家事も出来ず、引きこもり状態となった

愛する子供たちともまともに接する事が出来なくなっていた

かゆい、かゆい、かゆい、、、

病気は自分の弱いところを的確に突いてきます。

 

View this post on Instagram

 

早く冬にならないかな . . #井村屋肉まんあんまん #宮崎ますみ

T&Fさん(@tackyandfucky)がシェアした投稿 –

宮崎ますみさんの場合は、肌でした。

アドピーのような、ひどい痒みが襲ってきます。

手術後は放射線照射とホルモン剤投与となるが、ホルモン剤の副作用にも苦しんだという。

全摘出ではありませんでした。

手術は成功したものの、がん細胞を増殖させる女性ホルモンを抑えるホルモン療法に悩まされ、重度のうつ症状が出ます。

乳がんのホルモン療法をしていたときに、ホットフラッシュ(更年期障害にも見られる症状のひとつ。暑くもないのに急に顔がほてったり、のぼせた状態になったり、大量に発汗したりする。乳がん手術後のホルモン療法でも同様の副作用が見られることがある)になっちゃって。

もうそれが本当に不快で、あんまりイライラした。

がん再発防止の標準治療はおよそ5年

宮崎は家族の為に10か月で再発防止治療を止めた

身体を蝕んでいた副作用が和らいだ

そして乳がん発症から8年、宮崎ますみはがんを克服

現在は乳がん早期発見を呼びかける活動を精力的に行っている

長い年月をかけた治療。

それを考えて、治療をストップさせます。

家族や自身の「本当の健康」を考えてのことでした。

これがのちに現在の職業へとつながります。

 

病気(乳がん)と離婚の原因の関係は?

同年手術を受けたが

「病気をした事がとても大きな転機になったのは確かです。もう嘘がつけない、ごまかしがきかない心と身体になってしまっていたのです」

と大病を患ったことによる心境の変化も吐露。

また愛息のために離婚してはならないと頑張ったことが逆に精神状態に負担をかけてしまったとしており、離婚にあたり周囲からは反対の声もあったが最終的に自ら離婚を決断した。

 

View this post on Instagram

 

堀越学園の芸能コースにめちゃくちゃ憧れてた。 #平凡 #明星 #アイドル #80s #80年代 #昭和

みーたさん(@gumi0330)がシェアした投稿 –

 

「狭い視野で物事を見れば、離婚の原因は、日常のささいな心のすれ違いが折り重なっていたと思います。

けれど、天高く上空から人生の地図を見下ろした時、その歩みのすべてには、感謝の気持ちしかありません。新生した宮崎ますみを、今後ともよろしくお願いいたします」

離婚と病気。

病気により、変わった価値観。

家族の大切さと、自分に向き合う時間。

悩みに悩んだ末の決断。

結果的に良かったと思います。

 

スポンサーリンク

今現在の職業は何?ヒプノセラピーって?

スピリチュアル的なものなのでしょうか?

そんな苦悩の生活を、自ら克服していった経験から、現在はヒプノセラピスト(催眠療法)として活躍。

がんを乗り越えた経験を生かし、2009年3月にが株式会社ヒプノウーマンを設立。

現在はヒプノセラピスト(催眠療法)としてセミナーや講演を中心に活動しています。

かつて、25歳で前世療法を体験し、インド哲学に深い関心があったそう。

直傳靈氣療法士(レイキヒーラー)でもあるそうです。

催眠療法ですので、深層意識、潜在意識と会話する感じでしょうか。

現在、科学的でないと否定される部分もあるでしょうが、本来の人間としての力を呼び覚ます、大切なことだと思います。

ぜひ頑張ってほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

えっ!?剛毛ってホントなの?ヌードで話題に!

ヌードにもなり話題をさらった宮崎ますみさん。

XX 美しき凶器

宮崎ますみ、村井国男、草刈正雄等が出演してる東映Vシネマです。

「宮崎ますみ」として、鬼才・園子温監督の「Strange Circus 奇妙なサーカス」で主演。

現実と深層心理の世界を演じ分けるという難役を演じ、本格的に芸能活動を再開しました。

剛毛という関連性はありませんでした。

もしかすると、ヘアヌードでしたので、あそこが濃かったということでしょうか。。。

腕や脚はツルツルでしたので、仮定の話ですが、、、

どうなのでしょうかね。

 

スポンサーリンク

ところで、結婚はしているの?子供はいる?

気になります

1987年に宮崎萬純と名前を漢字の表記に改名し、NHK大河ドラマ「武田信玄」や映画「冬物語」に出演するなど、テレビや映画を中心に活動していましたが、1994年にカメラマンの男性結婚

渡米し芸能活動を休止していました。

男児2人の子供を儲け、03年にハワイへ移住。

渡米後はエッセイ等を執筆しながら子育てに奮闘していましたが、子育てが一段落したところで芸能界復帰を決意。(2005年)

ここまでを見ると、結婚、子供もでき、しかもアメリカ ハワイでの生活…

成功という名の栄光を駆け上がっていきました。

非常に羨ましいですよね。

そんな誰もが憧れる生活を手に入れますが、、、

 

離婚したってホントなの?今現在はどうしているの?

2008年5月22日発売の『婦人公論』(中央公論新社)のインタビューで離婚していたことが明らかになった女優の宮崎ますみ。

同日付のブログで「昨年11月に離婚し、今年3月末に母子家庭生活が始まりました」と改めて離婚を公表した。

愛息2人との親子3人での生活の様子なども綴っており、離婚について

「ものすごくエネルギーを使うもの、とよく聞いていたような気もしますが、私の離婚は意外とさっぱりとした方だったのかもしれません。

けれど人並みに涙もたくさん流しました」

ただその涙は

「離婚に対する後悔の念や、あの頃に戻りたいといった執着心ではなく、次から次へと走馬灯のように変化していく人生の哀しみに、涙が流れたのでした。

“今を生きる”限り、同じ形を留めておくことはできないから…」

と心境を明かした。

さらに夫婦生活は

「自分を磨くためにあった素晴らしい経験」

と回想。

「夫婦関係を続けるよりも、終わらせることのほうが互いの魂をさらに成長させる道だと感じた」

「別れも素晴らしい人生のギフトだと素直に感じる」

と今回の離婚は悲観的ではないと強調している。

 

1994年に結婚していますから、およそ13年でしょうか。

やはり、夫婦生活は難しいですよね。

夢のような生活も13年という月日が経つことで、壊れていきました。

ただ、コメントにあるように泥沼離婚ではなかったようです。

毎日、喧嘩やギスギスした状態では子供への影響は計り知れないですからね。

良かったと思います。

 

スポンサーリンク

宮崎ますみのプロフィール

以下をご覧ください。

誕生日:1968年1月26日
出身地:愛知県名古屋市出身

14 歳の頃、父親を亡くす。

1983年(昭和58年)、映画『アイコ十六歳』への出演で芸能界デビュー

1984年にクラリオンガールに選ばれ、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍。

現在では「宮崎萬純」と漢字表記での活動がメインの様です。

 

映画「アイコ16歳」

宮崎ますみは主要なキャストにも名を連ねることなく、富田靖子演じるアイコの同級生役としてちょっとだけ出演したという感じです。

当時の出演シーンなどを探してみたのですが、残念ながら見当たりませんでした・・・。

友人が履歴書まで用意してくれていたので、写真を添えて申し込みました。

最初はあまり乗り氣じゃなかったのですが、第3次まであった審査も無事にパスし、映画出演が決まったことで、小さい頃に夢見た「女優になる!」という記憶がよみがえってきたんです。」

名古屋が舞台の映画だそうです。

デビュー作ですが、情報はあまりありませんでした。

 

第11代クラリオンガール

あの人も!?

宮崎ますみは1985年、第11代クラリオンガールに選出されました。

クラリオンガールとは、カーオーディオメーカー・クラリオンが1979年(昭和54年)から約30年に渡って毎年選出していたキャンペーンガール。

クラリオンガールを選ばれたのが古い順

  1. 烏丸せつこ(6)
  2. 宮崎ますみ(11)
  3. 蓮舫(14)
  4. 結城めぐみ(15)
  5. かとうれいこ(16)
  6. 大河内志保(18)
  7. 立河宣子(19)
  8. 原千晶(21)
  9. 相沢紗世(24)

 

えっ蓮舫さん!?

初めて知った…

かなり有名なキャンペーンガールみたいですね。

 

映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズ

話題になった

宮崎ますみは1985年、清水宏次朗や仲村トオル、中山美穂らと映画「ビー・バップ・ハイスクール」に出演。

ヒロイン・三原山順子役を演じました。

1986年には2作目「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の挿入歌「ビー・バップ・パラダイス」をリリース

(「ビー・バップ・少年少女合唱団(清水宏次朗、仲村トオル、宮崎ますみ3名のユニット)」名義)。

以降、1988年までシリーズ全6本に出演しました。

こちらは有名ですよね。

一世を風靡しました。

 

「危ないよSister」

うんうん

1985年7月に「危ないよSister」で歌手としてもデビュー。

2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしました

ビーバップハイスクールでもそうですが、歌手としての才能を咲かせます。

多才ですね。

女優
スキャンダル芸能人の黒歴史

コメント